日本のサプリメントの現状

日本のサプリメントの現状

今では、サプリメントは、通信販売やドラッグストア、コンビニなどでも入手することができ、かなり身近な存在になりました。

サプリメントは患者さまの健康を効果的に補助する食品として医療機関でも販売されている一方で、信頼できない業者の粗悪な商品も数多く存在しているのが現実です。

気休めでいい、プラシーボ効果程度でいいというのであれば問題ないかもしれませんが、中にはしっかりとサプリメントに期待をされている方や、効果がないと許されないくらい高額なサプリメントを購入している方もいらっしゃいます。

アメリカなどのサプリメント先進国では高額な医療費負担が制度化されているため、基本的に、サプリメントを活用して、自分の身は自分で守ると考えている方が多いようです。

そのため、消費者のサプリメントを選ぶ基準が厳しく、日本と比べてまがい物が存在する余地が少なくなっているようです。

食品安全に対する規制がしっかりしているイメージがある日本ですが、ことサプリメントに関してはサプリメント先進諸国に比べてまだまだ遅れているというのが現状です。

日本は比較的医療保障がしっかりした国ではありますが、ますます高齢化が進んでいくことは明らかで、ひとりひとりに対する医療費の負担が、これから増えていくのは目に見えています。

病院にそうそう行けない時代がすぐそこまで来ているのです。

そうなったとき、日本で購入できるサプリメントの品質が、日本人の健康の基盤になっていくと考えられます。

医療機関レベルのサプリメントをあなたにも

本当に質の高い「医療機関レベルのサプリメント」を安心価格で提供したい。これが私たちアイノアールの想いです。

アイノアールが提供するサプリメントの基準は、自分でも本当に飲みたい、そして、家族にも自信を持って飲ませた「医療機関レベルのサプリメント」です。

生活が不規則でサプリメントの力を借りることを検討されている方にはもちろん、これまでサプリメントを飲んでも実感が得られなかった方にもぜひお勧めしたいラインナップです。